おはようございます
心が優しくなるような穏やかな陽射しのかかる朝

Polarisのできる前からこの場所を見守っている窓よせのソファーが、心地よさそうに光を受けていて、私も、ほっこりした気分になります

さて、Polaris、アナログメインですがたまにCDもかけます
というのが、個人的に知り合えた人たちの心のこもった一枚一枚たちですね



最近の新顔は、ピアノのシンプルな音で、生きた空気を届ける小松正史氏。
今回は星のちらちらと落ちてくるイメージの曲が入った一枚。
彼の曲は、京都のあらゆるところで使われてるようで、その優しさの輪郭に気付いたら触れていることがあるかと思います。

そしてやっぱり白川千世ちゃんの季節をゆっくり踏みしめるようなturnsも好き。

ピアノに弱い小松です。
他にもPolarisに関わるアーティストでご希望のもの、おかけいたします
ぜひ、おっしゃってくださいね