新卒で入社した会社を去り、転職を決断しました。

新卒採用で入社した会社に別れを告げ、悩んだ結果、転職しました。

新卒採用で入った会社を辞めて、悩んだ結果、転職すると決意しました。会社を辞めて転職活動するときは、1人で大丈夫だろうか、と悩みました。社会に出て数年経てば転職をして多くの人が中途採用で働いていることを私自身が転職したことで知り、いつの間にか不安な気持ちが消え、楽になりました。転職を経験すると不思議と考えも前向きになって、自分のしたい仕事を見つけることが毎日が見違えるように変化しました。いまだに「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」というような転職に対してマイナスな意見もありますが、それが正しいのかなと思いました。私は転職を経験して良かったと思います。

転職活動を始めるにあたって、様々な手段で情報を集めるのが通常だと思いますが…

転職を行うにあたっては、様々な方法で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは本当におすすめです。過去に、悪い口コミをサイトに載せられたと言ってサイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。辞めさせられた社員の腹いせとしてそのような口コミが投稿されていたと見るのが一般的ですが、裏を返すと、投稿の内容が嘘であれば、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。とはいっても、真実はクロで「周囲に気づかれたら恥になるから、潰そう」と考えている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることで有名になるメリットもあるので黙認していますが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、それだけトラブルが発生するおそれのあると判断して問題ないでしょう。というか、いい会社だったらトラブルなんて発生しません。

求人関連の情報を見てみると、ほとんどの場合、たいていの企業では…

求人についての広告には、大部分の場合は普通の職場では月の給料がしっかりと記載されていますよね。しかしこの月収の項目を調べれる時には、しっかり確認する事が大切です。数字だけを見て判断しないほうが無難です。実はひょっとすると、月収の金額のなかに「毎月10時間分の残業」を前提に計算されている可能性もあります。要するに残業代の金額を含めて計算することで好条件であるかのように見せ、人材を募集している所があるからです。このほか、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せているケースもあったります。その手の可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は注意が必要と言えるかも知れませんね。

もしもあなたが再就職をするとき、「Uターン」「Jターン」にお…

もしあなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のように、都会から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。近年は転職サイトをうまく活用すれば、国内全エリアの求人募集もいつでもアクセスできます。しかし、地方や郊外での求人情報では、どうしても大都市よりも少ないのがデメリットといえます。ですので、求人情報サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。転職サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもまめに確認してみてください。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する転職サポートの情報も見逃さないようにしましょう。

今現在の雇用形態が大きく変化したことについて、全世代の・・

昨今の企業の労働環境が目まぐるしく変わってきたことに当たって、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若者の世代が特に注意してみているようです。それはたぶん、次に備えようとしている段階のような気がします。そのため、働き手といった人たちの労働市場の「流動化」が年々大きくなっているので、より後々若年層の転職への関心が増えると予想されます。労働市場の「流動化」の影響により、労働者の転職は一般的に広く受け入れられるようになるでしょう。まして、今までは転職者にはそれだけで悪いイメージがあり、損をしてしまうこともあったようです。しかしながら、時代の変化もあり、今現在やっている会社のみに執着する必要も段々と薄れてきています。


経営コンサルティングなら東京の英知コンサルティングへ
経営コンサルティング、人材育成コンサルティング、個人コンサルティング、FPコンサルティングなら東京の英知コンサルティング株式会社へ。国内唯一、全コンサルタントがMBAまたは中小企業診断士。全国対応。

コメント

タイトルとURLをコピーしました