Author

未分類

最短で転職したい場合は希望している企業そのものより…

転職活動は、企業とのやりとりというより正確には「担当面接官」との勝負ともいえます。しっかり採用してもらうために、第一歩として面接の時間になる前に冷静に対応しましょう。例を挙げると女性とお見合いをする心構えで望むと良いかもしれません。面接官はまず第一にあなたの中身を観てもらうわけですから、マイナスな印象につながる態度は気をつけてぜったいに控えましょう。
未分類

就職した会社で嫌な上司の存在に神経を使い、とうとう我慢の限界を超えてその会社を辞…

勤めていた会社で性格が合わない上司に神経を使い、その結果これ以上は無理だと思いその会社を辞め、同じフィールドの他社に行くことにしました。転職先の会社では上との関係も良好で勤務することができとても満足の毎日でしたが、ゆっくりと会社の財務が悪くなり、最後にはある会社に経営統合されることになったのです。
未分類

転職活動を開始する際、様々な手段で情報を得ることが多いと思いますが…

転職を行う場合、いろんな方法で情報を集める人が大半だと思いますが、転職についての口コミサイトはとても有益です。過去に、悪い口コミをサイトに載せられたということで、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こしたケースがありました。辞めさせられた社員の腹いせによってそういった口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、別の視点から見れば、口コミの内容が嘘であれば、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。
未分類

求人をチェックする場合、例えば、事務系の仕事が希望だからと…

求人情報をチェックする時、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほどはなから製造業を見ようとしないものです。そういったことをしている人の多くは「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と誤解しているはずです。事実、製造業での求人であったとしても、現場作業者だけでなく、経理、総務、人事といったスタッフ募集に加え、資材、購買、営業管理などの「事務系」に属する役職もとても多いです。
未分類

雇用期間中なら、出来るだけ周りの人間にバレないよ…

在職中はできるだけこっそりと、(私の場合)在職期間中に「転職するかも」という意思表示のみを早いタイミングで会社内で知らせたことがあります。しかしながら、その後に求人を散々あれこれチェックしていったのですが、結局は転職する転職時期さえも何一つ決まらないまま、ズルズル時間が過ぎてしまいました。そして一方の当時所属していた会社の方は、退職に関わる引継ぎや手続き、退職日などが決定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、お粗末な展開を迎えました。
未分類

派遣社員として働いています。労働契約法のせいで残念なこ・・

ある会社に派遣されて働いています。労働契約法のおかげで不本意ですが長く務めてきた勤め先での仕事を辞めることになります。同じ派遣である方の中には、派遣の勤務先で正規社員の待遇を得た方もいるのですがその理由としてはぶっちゃけると仕事の実力とは関係なく派遣先の上司の扱い方が得意な人でそのおかげで採用されたみたいです。
未分類

大手転職エージェントは豊富な案件を抱えているというメリットがあるといえますが、…

大規模な転職エージェントは、多種多様な案件を抱えているという長所があるといえますが、反面、転職を希望するライバルも多いです。それゆえあなたが、気になる案件を見つけたとしても、担当スタッフの側が望みがないと判断すると応募してくれない可能性もありますし、企業から見て自分より高く評価されるライバルがいれば、そのライバルを優先して売り込もうとするのです。
未分類

政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況につい・・

転職を取り囲む状況ですが、政治による変化が出始めています。今の安倍政権では、アベノミクスや「三本の矢」などの経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策ともに日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界や企業間では今までにない変化が増えつつあります。
未分類

転職する時に行われる面接でする腕時計の事ですが、どう見ても目を惹くようなタイ…

転職時の面接のときにする腕時計については、ビジネスの場らしからぬ目立つタイプの時計はやめておいた方が悪い印象を与えません。この場合の目立つ腕時計とは高そうなデザインだったり、その反対で完全に安物である腕時計に見えてしまうとか、そのような目立つということで正反対の意味で目を惹く、ということで覚えておいてください。
未分類

転職活動を行っていると面接において高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動中に、面接で間違いなく聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機については、心で思っていることをそのまま話してもかまいませんが、転職理由について正直に話すのは得策ではありません。たとえば給与に関する不満、上司や同僚との人間関係など面接担当者に悪い印象を持たれるものです。
タイトルとURLをコピーしました