Author

未分類

近頃の転職事情については、政治による変化の兆しが出始めています。

政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について、現在の安倍政権によって、アベノミクス「三本の矢」といった形で新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策が金融政策とも、たがいに作用しあって財界や企業間では今までとは異なった社会的な変化が現れ始めています。
未分類

再就職時の面接を受けるときにする腕時計ですが、明らかに目を惹く…

再就職する際に行われる面接でする腕時計は、どう見ても目立つタイプの腕時計はしていかないほうが良いです。この場合の、目立つを詳しく言うと高そうに見える腕時計とか、といったことだけではなくそれとは逆に安物の腕時計に見えるとか、そういう意味であって真逆の意味で目立つ、と思い浮かべておいてください。
未分類

転職のための活動を行っていて面接で間違いなく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

転職のための活動を行っていて面接のときに例外なく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機については、心で思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、これと違って転職理由についてありのままに話すのはよくありません。転職理由でよくある報酬に関する不満、同僚や上司とのイザコザ、職場内での問題点など、面接官に好印象を与えるものではありません。
未分類

最短で転職したい場合は企業そのものよりも、ある意味、「担当面接官」との…

転職のための活動は企業とのやりとりよりもどちらかと言えば面接係員との勝負ともいえます。面接で満足いく結果を出すために、はじめに緊張せずに焦らずに対応しましょう。お見合いをする意識で望むと緊張がとけるかもしれません。とくに面接ではまず第一にあなたの内面的な素質をチェックしてもらうのでマイナスな印象につながる行動は注意し控えましょう。
未分類

働いていた会社で反りが合わない上司に悩みを抱え、その結…

昔務めていた会社でパワハラを行う上司に悩み、その結果仕事をする気力がなくなってその会社を辞め、同業者である別の企業へ移りました。上司が感じのいい人でとても満足の毎日でしたが、少しずつ業績が落ち込んで、最後にはとある会社に経営統合されることとなったのです。偶然にも経営統合したのはなんと前にいた会社で、おまけにとても嫌いだった上司が再度私の上司になることに。
未分類

転職時は、様々な手段で情報を収集することが多いと思います…

転職活動をするにあたっては、様々な手段で情報を得ることが多いと思いますが、転職に関する「口コミサイト」は、かなりオススメです。過去に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めた(辞めさせられた)社員の報復によってそのような口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、違った角度から見ると、口コミの内容が真実でなければ、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。
未分類

求人に係る情報をチェックする折、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人・・

求人関連の情報を見るとき、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほどはなから製造業をあまりチェックしていませんが、そのような人というのは、「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と勘違いしていたりします。実際に、製造業での求人であったとしても、現場作業者だけでなく、経理、総務、人事といった人材募集に加え、購買、営業管理などの「事務系」に分類されるお仕事もとても多いです。
未分類

在職期間中なら、できたら、気づかれないように、(私の転職活動・・

就労期間にあるときは、極力気づかれないように、(私の転職活動では)在職中に転社したいという気持ちのみを早いタイミングで周りの人に知らせたことがありました。でも、それから、求人情報をあれこれチェックしていったのですが、思いとは裏腹に働く先や転職するタイミングも計画も立てずに決まらないまま、やみくもに時間だけが経過してしまいました。そして会社の側は、退職に関わる諸々の手続き、私自身の退職日などが続々と確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」といった、お粗末な事態になってしまいました。
未分類

派遣で働いています。派遣法や労働契約法の関係で残念です・・

ある会社に派遣されて働いています。派遣法とかのからみで不本意ですが馴染みのある会社でのお仕事を終わらせなければなりません。同じ派遣の人の中には、派遣の就業先で正社員の条件をつかんだ方もいるのですがその理由としては実際のところ仕事の能力とは関係なく派遣先の上司へのあしらいが上手な人でそのおかげで採用されたように思えます。
未分類

大規模な転職エージェントは、潤沢な案件を扱っているといえますが…

大きな転職エージェントは、いろんな案件があるといえますが、同時に転職希望登録者も多くいる可能性が高いです。それゆえにあなたが気になる企業を探し出したとしても、転職エージェントの担当者が「転職できる見込みがない」と判断すれば応募してもらえないことも多々ありますし、会社から見て自分より高く評価される人がいれば、その人を優先しやすいのです。
タイトルとURLをコピーしました